• HOME
  • 21世紀のエネルギーを考える会・みえについて
  • 会長あいさつ
  • 事業計画
  • 役員紹介
  • 活動内容
  • 会報誌

活動内容

見学会

【年度】2018年度

2018年11月16日第7回エネルギーを考える社会見学・京都

 第7回「エネルギーを考える社会見学・京都」を開催し、日本最古の水力発電施設であり現在も稼働している関西電力蹴上発電所と京都市一帯に生活用水を供給する琵琶湖疏水の成り立ちを伝える琵琶湖疏水記念館を訪れた。

 公募の県民三十四人が参加。同発電所は当時日本最大の土木事業であった琵琶湖疏水の完成を受け、1890年に着工。1897年に完成しその後も発電機の取替や発電所の増築などを繰り返し現在でも稼働を続けている。

 参加者は水力発電の仕組みの説明を受け、二十年に一度しか見られない発電機の修繕や完成当時のままの設備などを見学した。

 津市から参加者した女性は「疏水事業や発電所の歴史が勉強になった、次回も参加したい」と話していた。

団体名:津北商工会
開催日:平成31年2月3日(日)・4日(月)
見学場所:中部電力(株)浜岡原子力発電所、核融合科学研究所
参加者:12名

団体名:いなべ市商工会
開催日:平成31年1月23日(水)
見学場所:核融合科学研究所
参加者:16名

団体名:四日市商工会議所金融・財務・法務部会
開催日:平成30年12月5日(水)
見学場所:中部電力(株)碧南火力発電所、愛知県衣浦東部浄化センター(下水汚泥バイオマス炭化燃料製造設備)
参加者:17名

団体名:志摩市商工会建設部会
開催日:平成30年11月28日(水)・29日(木)
見学場所:核融合科学研究所、中部電力(株)名城変電所
参加者:15名


2019年度へ

ページトップへ