• HOME
  • 21世紀のエネルギーを考える会・みえについて
  • 会長あいさつ
  • 事業計画
  • 役員紹介
  • 活動内容
  • 会報誌

活動内容

見学会

【年度】2019年度

団体名:神戸会
開催日:令和元年10月30日(水)
見学場所:サミット半田パワー株式会社(半田バイオマス発電所)
参加者:21名

団体名:松阪法人会女性部会
開催日:令和元年10月29日(火)
見学場所:中部電力(株)長良川水力発電所
参加者:22名

団体名:四日市法人会女性部会
開催日:令和元年10月24日(木)
見学場所:(株)JERA碧南火力発電所
参加者:35名

団体名:津市商工会女性部
開催日:令和元年10月10日(木)
見学場所:(株)JERA川越火力発電所
参加者:32名

団体名:健康保険組合連合会三重連合会
開催日:令和元年8月28日(水)・29日(木)
見学場所:(株)JERA川越火力発電所、中部電力㈱馬瀬川第一水力発電所
参加者:参加者:14名

団体名:朝明商工会
開催日:令和元年7月28日(日)・29日(月)
見学場所:大崎クールジェン(株)
参加者:16名

団体名:東員三五会
開催日:平成31年4月10日(水)
見学場所:中部電力(株)長良川水力発電所
参加者:33名

団体名:いなべ市蕎麦打ち同好会「雅」
開催日:令和元年5月18日(土)
見学場所:(株)JERA碧南火力発電所
参加者:27名

実施日:令和元年10月1日(火)
見学先:(株)JERA川越火力発電所、四日市港ポートビル「うみテラス14」、四日市コンビナート夜景クルーズ

 このたび、公募の29名による「エネルギーの安定供給における燃料調達の重要性を理解しよう」をテーマとした見学会を実施しました。
 川越火力発電所では、発電設備、LNG(液化天然ガス)の受入や貯蔵設備を見学し、LNGの輸出先であるカタールと友好な関係を維持してきた経緯や、東京電力フュエル&パワー(株)と中部電力(株)の共同出資により(株)JERAを設立し、LNG購入量のスケールメリットで調達時の価格交渉を有利に進めていること、対岸の知多LNG基地まで海底にガスパイプラインを敷設し、LNGの融通が柔軟にできるなどの取り組みが紹介されました。
 次に、四日市港ポートビル14階にある「うみテラス14」と四日市コンビナート夜景クルーズでは、四日市港が、LNGや石炭、石油、バイオマス燃料などのエネルギー受入の拠点としても重要な機能を果たしていること、エネルギーが安定的に届くことの重要性が再認識できました。
 また、過去の公害から企業や行政、市民などの努力により、工場夜景が観光スポットとして親しまれるまでの歴史も見聞して貴重な体験となりました。
 参加した方からは、「川越と知多半島が海底のガスパイプラインで繋がっており、燃料のバックアアップ体制が整っていることに驚いた」「四日市港の役割や活躍ぶり、エネルギーの安定供給には欠かせないインフラであることがよく理解できた」などの感想が聞かれました。


2018年度へ

ページトップへ