• HOME
  • 21世紀のエネルギーを考える会・みえについて
  • 会長あいさつ
  • 事業計画
  • 役員紹介
  • 活動内容
  • 会報誌

令和2年10月1日

「21世紀のエネルギーを考える会・みえ」インフォメーション

 気持ちのいい秋風が吹き渡り、過ごしやすい季節になりましたね。秋本番です!

 先月は、台風9号、10号と立て続けに発生し、沖縄や九州に接近し・通過していきました。特に台風10号は、大型で非常に強い勢力で接近したため、九州では、大規模な停電が発生する被害がでました。

 そこで、今回は、「災害への備え」ついて、お話をしていきます。台風・豪雨による停電に備え、何を準備し、どのように対応すべきか・・・

 強風で飛ばされたトタンなどで電線が切れ停電が発生することも多いので、台風が近づいてくる前に家の周囲を点検し、吹き飛ばされるものがないか確認してください。

 また、停電が発生した場合を想定し、普段から飲料水や保存の効く食料などを備蓄しておくことが大切です。特別なものを用意するのではなく、できるだけ、普段の生活の中で利用されている食品等を備えるようにしましょう。飲料水3日分だと、1人1日3リットルが目安ですよ。ただし、大規模災害発生時には、「1週間分」の備蓄が望ましいです。

 次に、「非常用持ち出しバッグ」についてです。安全な場所に避難し、避難生活を送るために「非常用持ち出しバッグ」の準備は欠かせません。バッグの中身は、飲料水、食料品、貴重品や、救急用品、懐中電灯、携帯ラジオなど、幼児のいるご家庭は、ミルクや紙おむつなども用意しておきましょう。

 日頃から家族と、「災害への備え」について話したり、避難場所、避難経路を確認しておくと、いざという時に慌てませんよね。別々の場所にいるときに災害が発生した場合でも、お互いの安否を確認できます。この機会に、さまざまな災害をイメージして、どのように行動すれば安全に避難できるか、家族で考えてみましょう。

 現在、当会では、低炭素社会実現にむけて、エネルギーや環境問題について、一緒に考えて頂ける会員を募集しています。会員登録頂いた方には、講演会や見学会など、様々な事業のご案内をさせて頂きます。会員登録は無料ですので、是非ご登録をお願いします。

 「会員登録」については、こちらをご覧ください。

 「21世紀のエネルギーを考える会・みえ」インフォメーションでした。

- このメッセージはレディオキューブ(三重エフエム放送株式会社)にて下記の時間帯で放送しております。
  ・「READY!」(毎週月曜日 8:25~8:27)
  ・「EVENINGCOASTER」(毎週木曜日 17:48~17:50)

前月のメッセージ

ページトップへ