• HOME
  • 21世紀のエネルギーを考える会・みえについて
  • 会長あいさつ
  • 事業計画
  • 役員紹介
  • 活動内容
  • 会報誌

令和元年12月1日

「21世紀のエネルギーを考える会・みえ」インフォメーション

 福島第一原子力発電所から発生する汚染水は、ALPSと呼ばれる設備でさまざまな放射性物質が取り除かれています。このALPSを使って浄化処理を行った水は、「ALPS処理水」と呼ばれ、発電所敷地内のタンクに貯蔵されています。

 ALPS処理水は、トリチウムという放射性物質を含むため、現在は、海洋への放出ができず、発電所敷地内のタンクを入れて保存せざるを得ません。

 しかし、2013年にはじまったタンク貯蔵も2022年夏頃には満杯となり、福島第一原子力発電所の廃炉作業が本格化する中、作業に支障をきたし、復興の妨げになるおそれもあると言われています。

 世界の専門家の意見によると、基準濃度以下のレベルに下げたトリチウム水を海洋放出しても、海産物を通じて人体に健康影響はないというのが共通した意見であり、アメリカ、ドイツ、フランスなど西側諸国をはじめ、アジアでは、中国、台湾、韓国などの原子力発電施設ではすでに行われています。

 一方、地元福島に対し、海洋放水による農産物などへの風評被害についても配慮も必要であり、トリチウムなどについて、私たち国民が正しく理解したうえで、海洋放出について冷静に考えるときが来ているのではないでしょうか?

 「21世紀のエネルギーを考える会・みえ」では、低炭素社会実現にむけて、エネルギーや環境問題について、一緒に考えて頂ける会員を募集しています。会員登録して頂いた方には、講演会や見学会など、様々な事業のご案内をさせて頂きます。会員登録は無料です。「会員登録」について、詳しくは、ホームページをご覧ください。「考える会・みえ」で検索してくださいね。

 「21世紀のエネルギーを考える会・みえ」インフォメーションでした。

 「21世紀のエネルギーを考える会・みえ」では、低炭素社会実現にむけて、エネルギーや環境問題について、一緒に考えて頂ける会員を募集しています。

 会員登録して頂いた方には、講演会や見学会など、様々な事業のご案内をさせて頂きます。
 会員登録は無料です。

 「会員登録」について、詳しくは、こちらをご覧ください。

- このメッセージはレディオキューブ(三重エフエム放送株式会社)にて下記の時間帯で放送しております。
  ・「READY!」(毎週月曜日 8:25~8:27)
  ・「EVENINGCOASTER」(毎週木曜日 17:48~17:50)

前月のメッセージ

ページトップへ