• HOME
  • 21世紀のエネルギーを考える会・みえについて
  • 会長あいさつ
  • 事業計画
  • 役員紹介
  • 活動内容
  • 会報誌

令和3年4月1日

「21世紀のエネルギーを考える会・みえ」インフォメーション

 新年度も始まり、新生活をスタートさせた方や、気持ちも新たに、新しい事をはじめられた方も多いのではないでしょうか?

 さて、昨年10月に菅総理が「2050年カーボンニュートラル、脱炭素社会の実現を目指す」と宣言されましたね。
 それ以来、新聞やテレビでも「カーボンニュートラル」という言葉を見聞きする機会が多くなりましたが、みなさんはその意味をご存知ですか?

 「カーボンニュートラル」とは「温室効果ガスの排出量を実質ゼロにする!」という意味です。

 「実質ゼロ」とは、排出量を完全にゼロに抑えることは現実的に難しいため、出してしまった分と同じ量を吸収したり除去することで、差し引きゼロを目指すということです。

 例えば、植林を進めて光合成に使われる大気中のCO2の吸収量を増やしたり、技術面では、大気中に存在するCO2や、バイオマス燃料の使用時に排出されたCO2を回収して貯留することも考えられているようです。

 世界の大手企業が、「カーボンニュートラルの実現!」を目標に掲げていることから、今後も目指す企業は増えていくでしょう。

 私たち消費者は、省エネに取り組むことはもちろんですが、商品やサービスを選ぶときに、値段や品質だけでなく、カーボンニュートラルに取り組む企業を応援することも重要なのかもしれませんね。

 「21世紀のエネルギーを考える会・みえ」では、低炭素社会実現にむけて、エネルギーや環境問題について、一緒に考えて頂ける会員を募集しています。会員登録は無料です。

 「会員登録」については、こちらをご覧ください。

 「21世紀のエネルギーを考える会・みえ」インフォメーションでした。

- このメッセージはレディオキューブ(三重エフエム放送株式会社)にて下記の時間帯で放送しております。
  ・「READY!」(毎週月曜日 8:25~8:27)
  ・「EVENINGCOASTER」(毎週木曜日 17:48~17:50)

前月のメッセージ

ページトップへ