• HOME
  • 21世紀のエネルギーを考える会・みえについて
  • 会長あいさつ
  • 事業計画
  • 役員紹介
  • 活動内容
  • 会報誌

令和3年9月1日

「21世紀のエネルギーを考える会・みえ」インフォメーション

 残暑も和らぎ、爽やかな秋風を感じる頃になりました。夏の疲れは出ていませんか?

 政府は、2030年度に温室効果ガス排出量を13年度比で、46%削減することを目指し、地球温暖化対策計画の修正案を8月にまとめました。

 計画では、日本の温室効果ガス排出量の8割以上を占めるエネルギー由来のCO2排出について、家庭部門では66%、業務部門では50%、エネルギー転換部門は43%、運輸部門は38%、産業部門は37%、それぞれ削減を目指します。

 家庭部門での主な対応策として、「断熱効果の高い建材による住宅改修」「屋根に設置する太陽光発電の促進、家庭用燃料電池の普及」「食品ロス削減やクールビズ・ウォームビスの徹底促進」などがあげられています。

 計画案では、「国民一人ひとりの理解と行動を変えること」が強調されており、自らの問題と捉え、ライフスタイルを見直すことを通じて、省エネと食品ロス削減への協力が期待されています。

 これを機会に改めて、省エネライフについて考えてみませんか?

 「21世紀のエネルギーを考える会・みえ」では、低炭素社会実現にむけて、エネルギーや環境問題について、一緒に考えて頂ける会員を募集しています。会員登録は無料です。

 「会員登録」については、こちらをご覧ください。

 「21世紀のエネルギーを考える会・みえ」インフォメーションでした。

- このメッセージはレディオキューブ(三重エフエム放送株式会社)にて下記の時間帯で放送しております。
  ・「READY!」(毎週月曜日 8:25~8:27)
  ・「EVENINGCOASTER」(毎週木曜日 17:48~17:50)

前月のメッセージ

ページトップへ